100パーセント満足できる理想の家になかなか出会えない。
一戸建てを建てたい。そう思って新聞のチラシを見たり、住宅展示場に行ってみても、いい感じの家はあってもここがもうちょっと…みたいな細かな点がある。
新築分譲をもっと探すか、注文住宅にするか…と悩む人は多い。

一戸建ての買い方には、新築分譲住宅と注文住宅がある。
建売分譲住宅は土地に家を建て、家と土地をセットで販売するもの。同じような家を複数建てるのでコスト的には安い。
注文住宅とは、更地に一からオーダーした住宅を建てるもの。間取りや使う素材も自分の好きなものを選べる分コストはかかる。
最近では、コストのかからない注文住宅も、登場している。
また、新築分譲と注文住宅の間をとる、一戸建てセミオーダーというものもある。
既存の設備に、好みを組み合わせて作るローコストなプラン。

家は一生使うものだかこそら、あきらめずに、100パーセントの理想にこだわりたい。
住んでみて、やっぱり違う…とリフォームを繰り返すなら、最初にこだわったほうが結局は安くつく。

イメージだけじゃなく、理想の一戸建てを描いてみると、欲しい家がはっきりとした現実のものになってくる。
家は夢をあきらめないで買う。そう思って調べていくと、必ずいい出会いがあるはず。

OUT LINK

太田市に注文住宅を建てたい人は「注文住宅会社徹底調査」